にじいろ黒板通信

チョークアートと手作り色々。たまーにガーデニング。

息子の結婚式 IN 北九州

こんにちは!

皆さま3連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
わが家は19日に息子が結婚式を行いましたので、18日から九州に行ってまいりました。

 

2か月前の娘に続いての結婚式なのですが、うちの子たちは5歳年齢差がある姉弟なので、時期がこれ程近くなったのは意外なことでした。
住んでいる場所も関東と九州で遠く離れているのに、二人とも緊急事態宣言が発令中の都市での結婚式になりました。
おまけに今回は台風14号が接近していたので、直前まで「飛行機飛ぶかな?」とハラハラドキドキの状態でした。

今日は当日の様子と、チョークアートで描いたウエルカムボードについて少し書かせていただきます。

 

式場は旧松本邸(西日本工業俱楽部)

前日の羽田発の飛行機はどうにか普通に飛んでくれました。満席でした。
欠航になった便もあったようなので、その影響もあったのかもしれません。

北九州空港に到着後、門司港のホテルで宿泊したのですが、観光客は若い方達を中心にチラホラいる程度。
関門海峡が見える展望台やらの観光施設は閉館中で、飲食店も多くが店を閉じていました。残念ですが、このご時世では仕方ありません。

 

翌朝はホテルからタクシーで式場に向かいました。
北九州市にある旧松本邸です。

ここでちょっとしたハプニング。
タクシーの運転手さん、何か少し頼りないかな~と思っていたら案の定、到着した場所は松本違いの松本清張記念館
(このタクシーはナビを運転手さんが直接入力するのではなくて、センター?事務所?のような所に連絡して転送してもらっていたので、センターでの入力ミスのようでした。)

いやいや清張さんの記念館では結婚式は多分、いえ絶対挙げられないです~😧
着付けの予約時間が迫っていたので少々焦りましたが、幸いなことに二つの場所が割と近かったので時間内に無事に到着しました。

旧松本家住宅ですが、こちらは明治期の建物で、国の重要文化財に指定されています。
明治時代、松本健次郎という方が父親の安川敬一郎氏と共に石炭業を興して成功し、明治専門学校(現在の九州工業大学)を開校しました。
旧松本邸は自宅と学校の迎賓館として建てられたようです。

 

f:id:niziirokokuban:20210920143112j:plain

家具に至るまでのすべて本格的なアールヌーボーだそうです。

現在は西日本工業俱楽部の会館として利用されており、一般公開は半年に一度くらいの割合で抽選で行われるということでした。

着付けをしていただいた美容師さんの話によると、建物のガラスが前日のような台風が来ると割れはしないかと大変心配になるそうです。
規格品ではなくて手作り品のために、割れてもすぐに替えが用意できないとのこと。
確かによく見てみると、普通のガラスのように表面が平らではなくて多少凸凹しています。
ガラスも昔は1枚ずつ手作りしていたのだなぁと知ることができた美容師さんのお話でした。

 

式は人前式

f:id:niziirokokuban:20210920142956j:plain

台風一過の晴天の下、挙式は屋外で人前式で行われました。
少々暑いくらいでしたが、気持ちの良い秋晴れでお天気は最大限味方してくれました。

 

f:id:niziirokokuban:20210920143009j:plain

披露宴でのケーキカットならぬちらし寿司カットのシーンです。
ナイフは日本刀に、スプーンはしゃもじになっています。
このあと息子はデカしゃもじでお決まりの「お口アーン」をさせられていました。

建物や会場の雰囲気に和装がとてもマッチしていて良い感じです。

 

チョークアートボード

 

f:id:niziirokokuban:20210920143029j:plain

今回はこんなのを描いてみました。
好みの色合いやデザインを大まかに二人から聞いて、あとは縁起の良い花言葉と私が描ける花の組み合わせでこうなりました。

 

f:id:niziirokokuban:20210920143045j:plain

会場スタッフの方の計らいで式前は控え室入口前に、披露宴の時は会場前にとその都度移動して飾っていただきました。

 

これにて滞りなく式は終了です。
親族のみのこじんまりした結婚式でしたが、それはそれで温かみがある落ち着いた式になったのではないかと思います。

 


このあと飛行機の搭乗までに時間があったので、間違えて連れていかれた松本清張記念館と、その隣の小倉城に立ち寄ってから帰宅の途につきました。

松本清張さんは北九州市のご出身なんですね。
記念館は自筆の原稿とか、書庫ばかりのご自宅の忠実な再現とか、なかなか興味深かったです。
「点と線」とか若い時に読みはしましたが、今では話の内容ほとんど憶えておりません😅

小倉城の方はコロナの影響で中には入れず、外からの見学だけでした。
観光はコロナ状況が落ち着いてから、又別の時にという感じですね。

 

私が挙式前にしたことと言えば、写真を整理して息子に送ったこと、ウエルカムボードを描いたこと、直前にPCR検査を受けに行ったこと、これだけです。
それでも何となく落ち着かない気分で過ごしてきたので、無事に終わってホッと一息です。
そして今年のメインイベントの結婚式2回が終了したので、あとはお正月を待つばかりの心境です。(ちょっと早すぎる?)

 

まだ1年の4分の1は残っていますね。
残りの3か月で、今回描いたウエルカムボードを基にしたセミオーダーのウエルカムボードと、ペットの似顔絵のオーダーを始められるように準備をしようと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ランキングに参加しています。

ポチっと押していただけると、とても励みになります。

にほんブログ村 美術ブログ チョークアートへ
にほんブログ村