にじいろ黒板通信

チョークアートと手作り色々。たまーにガーデニング。

ガーベラの花束*チョークアート

こんにちは!

最近、チョークアート作品のご紹介がなかなか出来ずにいます。
ぼちぼち描いてはいるのですが、何と言ってもスローペースなもので・・・。
今日は久しぶりに出来上がった作品の紹介をさせてください。

 

お客様からのご依頼品です。
プレゼント用にガーベラのお花をメインに、どこかにブルーの色を入れて描いて欲しいとのご要望でした。
サイズは20㎝×20㎝です。

 

ブルーのガーベラはあまり無いので、お花はピンク系でまとめました。

最初は5輪ともガーベラにして描き始めたのですが、花びらの数が多すぎて何か奇妙に思えてきました。
同じ形状の物が無数に並んでいると、なんとなく気持ち悪く感じてしまう、そんな感じです。
そこで5輪のうちの2輪をバラに変更して描き直したのがコチラです。

 

ユーカリの葉っぱを追加しました。
このユーカリの葉は、薄いグレーをメインに青みがかった緑をほんのわずかに入れているのですが、ほぼ青に見えるから不思議です。

 

ご要望のブルーの色はリボンで使いました。
このリボンも、青と一緒に黄緑色もかなり入れているのですが、黄緑色はどこに行った?

 

「ガーベラの花束」の絵が出来上がりました。

 

私のクセとして、余白なしに沢山詰め込み過ぎる・沢山の色をごちゃごちゃ使い過ぎるという傾向があるので、ピンクとブルー系だけにして色の氾濫を抑えたつもりです。
「余白なし」というのは相変わらずですが・・・。

 

最初、今回の絵はペールカラーパステルカラーよりももっと淡い感じの色合い)で全体をまとめてみようと思ったのですが、出来上がったのはごく普通のチョークアートビビットな色合いになりました。
淡い色だけだとメリハリが無いように感じて、陰になる部分に濃い色を足してしまうので、結果鮮やかな色合いになります。

敢えて全体をくすんだ色合いにしたり、とても淡い色合いにした絵に憧れるのですが、いざ描くとなるととても難しいと感じます。
多分自信がないから色を足してしまうし、汚い感じになるのではないかとベージュ系やグレー系をメインに使う勇気がないからだと思います。

 

同じ図案でも色の選び方で全く違う絵になってしまう。
チョークアートって(チョークアートに限らずどんな画材を使った絵も同様だと思いますが)、奥が深いです。
でも、だからこそ飽きずにずっと続けられるんだと思います。
死ぬまで続けられる趣味を見つけられたと思って、これからも修行に励みます。
いつかペールカラーの作品が出来てきた暁には、進歩したんだなぁと思ってやってください😄

 

NIZIIRO-ART'S GALLERY - 作品一覧 | minne 日本最大級のハンドメイド・手作り通販サイト

 

にじいろのギャラリー | ハンドメイド通販・販売のCreema

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

ランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、とても励みになります。

にほんブログ村 美術ブログ チョークアートへ
にほんブログ村